鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 26日

笑顔がチャーミングな2児の母。【菊池桃子】

c0119436_6482628.jpg

菊池桃子、1968年5月4日生まれ。血液型B型。日出女子学園高等学校~戸板女子短期大学卒業。東京都品川区出身。1983年11月、学研のアイドル雑誌『Momoco』のイメージガールとなり、創刊号の表紙を飾り芸能界デビュー。1984年、映画『パンツの穴』で映画デビュー。『青春のいじわる』で歌手デビュー。キャッチフレーズは「REAL1000%」。日本レコード大賞新人賞、日本レコードセールス大賞女性新人賞。ブロマイドの年間売上が1位に。1988年~1989年 - ロックバンド「ラ・ムー」で活動。しかしながら興業的には失敗しこれ以後歌手業を断念し女優に転向することになる。

1995年5月1日 - プロゴルファーの西川哲と入籍。五月みどりが義母に。1996年8月7日長男出産。2001年10月18日長女出産。山田太郎ものがたり(2007年、TBS)山田綾子役など、俳優復活後の活躍もバラエティをはじめ活躍の場を広げている。

彼女の人気はものすごいものがあった。彼女のために雑誌が作られたほど、インパクトがあった。その癒やし系としての雰囲気は今もって健在だ。絵的に見ても、彼女の表情からは力の抜けた自然体な空気しか読み取ることができない。嫌々何かをするといった感じを一切相手に与えないのは、とても良い生き方をされてきたんだと思う。人間の人格と言うのはよく眉間の部分に集約されるとも言われる。私もよく電車の中で人間ウォッチングをするが、眉間に縦ジワの人にはあまり近寄りたくはない。それくらい表情の中でも大切な部分だ。人の振り見て我が振り直せ。昔からよく言われる格言だが、私もこの「立てジワ」気をつけたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-02-26 23:59 | 1965-1969(40~44才)


<< モヤモヤ病はもう完治されました...      まるで目の大きなえなり君?【中... >>