鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 20日

グー、グーで今旬な芸人。【エドはるみ】

c0119436_22494348.jpg

エド・はるみ、生年非公開、5月14日生まれ。千葉県、東京都で幼少期から学生時代を過ごす。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。身長156cm。独身。A型。1988年に円・演劇研究所を卒業し、以降女優(主に舞台女優)として活動。またその一方で、マイクロソフト公認の資格(MOT=Microsoft Official Trainer)を取り、コンピューターインストラクターと、携帯電話の大手電気通信事業内で、マナー講師の仕事をしていた。

2004年から2005年頃、表現の方向を転換。お笑い芸人を志す。アマチュアとして芸人コンクールのR-1ぐらんぷり2005に出場、2回戦で敗退。その後、本格的にお笑いの勉強をするため、吉本興業の養成学校である東京NSCに、11期生最年長として入学。2006年4月に卒業。同年5月17日に東京都新宿区のルミネtheよしもとで芸人デビューをした。東京NSC卒業から3ヶ月後の2006年7月22日、日本テレビの『エンタの神様』に初出演。これがお笑い芸人としては、地上波のテレビ番組の初出演となる。2008年2月17日CX系でOAされた「一瞬で笑えるネタ祭爆笑レッドカーペット祝1周年記念特別企画史上最高56組が大集結笑いっぱなしの3時間新ネタ新キャラ新芸人続々登場スペシャル!」で優勝。

正に旬芸人の彼女。なにもこんな世界で働かなくとも…。と思わせるほどの知性・教養を感じる。言葉のメリハリ、発音の綺麗さが群を抜いている。お笑いの世界は最近学歴のある芸人さんが増えてきた。層が厚い。少しの特徴じゃ個性にならないし、すぐ忘れ去られてしまう。凄いよなぁ、笑わせる技術って。何の世界でも笑わせたら勝ちだ。昔は勝ち組とよく言ったが、今は価値組と言って同じ価値観を共有できる仲間を指すらしい。勝ち負けよりもその人にとって価値あるかどうか?それが大切な時代だ。お金、健康、仕事、恋愛、ライフワークといろんな価値を見出すフィールドはあるが、それぞれ深く取り組まないと見えないのも価値の特徴かもしれない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-02-20 22:52 | 1960-1964(45~49才)


<< 18歳2ヶ月でATPツアー初優...      快挙、R-1ぐらんぷり2連覇!... >>