鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 10日

今度は東京から…使い回しは止めて!【佐藤ゆかり】

c0119436_1942275.jpg

佐藤ゆかり、1961年8月19日生まれ。東京都世田谷区出身。ニューヨーク大学大学院卒業。経済学博士。元・外資系証券会社エコノミスト。母親は探偵。衆議院議員。第44回衆院選に大量当選した“小泉チルドレン”の一人で選挙戦で注目を集めた一人。“ゆかりタン”という愛称で呼ばれることもある。立候補直前の肩書きは、外資系証券会社クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(CSFB)におけるチーフ・エコノミスト兼経済調査部長。同社での在籍は2004年9月から1年間。投資銀行(インベストメントバンク)のエコノミストとして日本経済の構造分析や政策提言を行う一方、財務省、経済産業省、自民党等のポストを兼任した。

2005年8月、自由民主党の候補者公募に応じ、郵政解散を受けた第44回総選挙で、郵政関連法案反対候補者への「刺客」として野田聖子元郵政大臣の地元の岐阜1区に落下傘候補として出馬した。佐藤は出馬の際に「2月に観光でライトアップの時期の白川郷に行き、岐阜にはまた何度でも来たいと思っていたら、まさか選挙活動に来るなんて、という気持ちです」と発言したが、JR岐阜駅に到着すると「岐阜に嫁ぐ気持ちでやってきました」と有権者に訴え、野田聖子元郵政大臣との女性対決や、ネガティブキャンペーン的な週刊誌報道などでマスコミに取り上げられることも多く、一躍、時の人となった。今年、衆院選では出馬エリアを含め様々な話題を提供している更なる時の人である。

本人の気持ちたるや幾ばくたる思いか…。時流に流されたといっても過言ではないだろう。その上あの美形だから世間は放っておかない。元はタレントかと思ったが、全くのキャリアウーマン。世の中いろんな人がいるものだ。彼女にはいっそのことコメンテータかタレントとして、今の国会の現状をリポートしていただきたい。国民の多くの目が向けられている国会。今年は、彼女のような現場からの目線を含め、日本のこれからを真剣に関心を持って検討してもいい年のようだ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-02-10 19:06 | 1960-1964(45~49才)


<< 若々しい感性が若者にも人気。【...      今の日本に。元気ですかーっ!【... >>