鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 23日

全豪オープン、ベスト4進出。【マリア・シャラポア】

c0119436_8572359.jpg

マリア・シャラポワ、1987年4月19日生まれ。ロシア・チュメニ州出身。居住地アメリカ合衆国フロリダ州。身長188cm、体重59kg。デビュー年2001年、ツアー通算18勝、シングルス15勝、ダブルス3勝。華やかな容姿とプレースタイルからニックネームは「ロシアの妖精」。左利きだったというが、矯正で両方使える。バックハンド・ストロークは両手打ち。父親は油田労働者。1986年チェルノブイリ原発事故の影響により、両親がロシア・西シベリアにあるニャガンへ移住を決意する。4歳の時からテニスを始める。6歳の頃マルチナ・ナブラチロワに才能を見出され、7歳の頃父親とともに渡米した。

2004年、ウィンブルドンでセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を破り、17歳2ヶ月で4大大会初優勝を達成。11月のWTAツアー最終戦でも決勝でセリーナ・ウィリアムズを破り、大会初出場で初優勝を飾る。 2006年、全米オープンにて、2004年のウィンブルドン以来となる決勝進出を果たし、決勝でジュスティーヌ・エナン・アーデンを破り、4大大会2勝目を挙げる。テニスプレーヤーとは別にファッションモデルとしても活躍しており、ファッション雑誌の人気も高い。2004年の東レ・パン・パシフィック・テニスとウィンブルドン3回戦で実現したダニエラ・ハンチュコワとの“美少女対決”はどこでも抜群の観客動員力がある。現在行われている全豪オープンでも順当にベスト4入りを果たしている。

美貌と実力を兼ね備えた、最たるアスリートのひとりである彼女。見ている方も強いだけよりは美しい方がいいに決まっている。更に賞金までついてくるから、何をやっても面白いに違いない。彼女の努力はもちろんだが、ある意味で運の良い人と言うことができる。若くして成果を出せる人の人生と、晩年になって評価される人がいるとするなら、どちらがいいのだろうか?よく人生は平等だよと言われるが、成功は長続きしないからだろうか?羨んでみても仕方がない。今の境遇を喜んでみよう。成果と呼べるものはないにしてもきっと感謝できる何かは見つかりそうだから…。昔、さださんの唄にもこんなフレーズがあったのを思い出した。「自分の人生の中では誰もが皆主人公。」
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-01-23 23:59 | 1985-1989(20~24才)


<< コーラの一気飲みで敵なし。【渡...      もうひとりのアメリカ大統領候補... >>