鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 30日

松居棒でお掃除は完璧?!【松居一代】

c0119436_9451458.jpg

松居一代、1957年6月25日生まれ。滋賀県近江八幡市出身。梅花女子短期大学中退。1979年に『11PM』の“大阪イレブン”のカバーガールで芸能界デビュー。映画「マルサの女」「肉体の門」「夜逃げ屋本舗part2」などに出演。1986年にDCブランドの経営者と結婚して1989年に長男をもうけたが、1996年に離婚。2001年に俳優、船越英一郎と再婚。

とにかく綺麗好き、掃除好き。父親が競艇選手であったことから、勝ち運が逃げないようにと母親から掃除術を厳しく仕込まれたらしい。また、長男が重度のアトピー性皮膚炎であったため、掃除に関しては以前よりも徹底的に行うようになったという。トイレの便器も流水部分まで素手を突っ込んで磨き上げることを公言しており、何故ゴム手袋をしないかを聞かれると、「手袋なんかしたら細かい感覚がつかめない。素手で触っても綺麗なくらい磨き上げる」と答えている。また船越英一郎が入院した時、病室を18時間もかけて掃除したことがあるという。これらの経験を生かし、アトピーや掃除に関するエッセーを複数執筆している。棒にペーパーダスターを輪ゴムで巻き付けた「松居棒」という掃除グッズの考案者でもある。これはホームセンターなどで市販されている。長男のアトピー性皮膚炎やストレスなどで顔面神経麻痺を患ったことがある。離婚後に住んでいたマンションの上の階が、水漏れで天井が落ちるというトラブルに見舞われたことがある。法廷での闘争の結果、ゼネコン等相手に完全勝利した。

年末の大掃除は、皆さんお済みだろうか?掃除請負人的存在の彼女だが、掃除と言うのは徹底してやる人と、片づけができない人に分かれるようだ。私の場合も後者に近く(極端に部屋が汚いわけではないが)、思い立たないとなかなか片づけができない。机の上も郵便物などで物の置き場がない。汚いところに運が来ない?と言われるが、そう言う脅し的文句は好きになれない。確かにきれいな部屋にいると気持ちはいい。しかし、片付けないだらしなさも個人的には心地良い。もちろんきれいに越したことはないが、程度問題で過剰になるのは良くないと思う。自分がしてることは、つい他人にもさせたくなってしまう傾向があるのが人間。でも、押し付けないようにアドバイスできたらいいのにね。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-30 23:59 | 1955-1959(50~54才)


<< 2時間ドラマの帝王。【船越英一郎】      愛称「山P」の名付親は滝沢君。... >>