鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 18日

やる気マンマン!熊よう。【熊田曜子】

c0119436_5522991.jpg

熊田曜子、愛称くまよう、1982年5月13日生まれ。岐阜県岐阜市出身。関市立関商工高等学校3年のとき、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられる。その後看護学校へ進学するが、芸能界入りの夢を捨てきれずに芸能事務所のオーディションに応募。この際母親が海外旅行中で、加えて荒天によって帰国が数日程度遅れたことから、この間に手続きを済ませ芸能界デビューを果たした。

2006年4月19日 1stシングル『Always / わたしだけの場所』でCDデビューを飾る。この為に何年もボイストレーニングをし1度レコーディングは済んだが満足いかずにやり直したり、CDジャケットを自身でデザインする等した為、大々的に報じられ話題を呼んだ。2006年11月22日 2ndシングル『kiss me kiss you again』を発売。2007年8月13日 岐阜県の飛騨・美濃観光大使に選ばれ、古田肇県知事から委嘱状を受けた。2007年10月3日 3ndシングル『Nonstop Love」と、1stアルバム『Lady Child』を発売。都内のライブハウスで初ライブを行った。グラビアアイドルとしてのキャッチフレーズは「史上最強の美巨乳」である。

立ち読みしていた雑誌のグラビアに彼女が出ていた。息の長いグラドルだ。テレビにも良く出ている。彼女の仕事への姿勢には、前向きさが感じられる。どんな仕事でもやります!みたいな、意気込みと言うものは伝わってくるものだ。どんな人からも(失礼)学ぶところがある。彼女は単にきれいとか、スタイルがいいと言うだけでなく、一生懸命さが受けている理由だろう。仕事の質はもちろん大切だが、気持ちが前面に出ていてこそ評価されることは多い。私を筆頭に気持ちだけの人間も困りものだが…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-18 23:59 | 1980-1984(25~29才)


<< グランパパのサンタさん。【津川雅彦】      ギバちゃん、いぶし銀。【柳葉敏郎】 >>