鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 12日

プリティ・ウーマンはハマリ役。【ジュリア・ロバーツ】

c0119436_18221368.jpg

ジュリア・ロバーツ、1967年10月28日生まれ。アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身。身長175cm。兄エリック、姪のエマ・ロバーツも俳優。両親共に役者で、彼女が幼いときはアトランタで演技学校を経営していた。両親はジュリアが幼い時に離婚したが、役者になった兄エリック・ロバーツを訪ねてゆくうちに自分も役者を志すようになったと言う。高校卒業後にニューヨークに出て演劇学校に通いながらオーディションを受ける日々を送る。1988年に映画デビューし、翌年の『マグノリアの花たち』でゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞して注目される。

そして1990年、リチャード・ギアと共演した『プリティ・ウーマン』で、エレガントに変身するコールガールを演じ、彼女の当たり役となる。映画は大ヒット、彼女自身もアカデミー賞にも候補され、スターの座をつかむ。2001年には『エリン・ブロコビッチ』で同賞の主演女優賞を受賞。現在、彼女の映画一本当たりの出演料は米国女優トップクラスの2000万ドル以上と言われている。2006年に出産後初の仕事としてブロードウェイの舞台作品『Three Days of Rain』に出演し、ブロードウェイ・デビューを果たした。今月10日には、ロサンゼルスで開かれた新作映画、「Charlie Wilson's War(原題)」のワールドプレミアに出席し、黒のドレス姿でレッドカーペット上に登場し話題をさらった。

久しぶりの外人さんだ。やはり彫りが深いだけに描きやすい。アジア人と違って、華やかさがある。目、髪の毛、ファッション等どれをとってもカラフルで個性的だ。私の場合、黒が好きで地味な色を好む傾向が強い。知り合いのフランス人などは原色を上手に‍着こなす。もはや、文化の違いとしか言いようがないほど今更どうなるものでもない、センスの違いは。あまりにも差がありすぎて羨む気さえうせてくる。だからと言って、憧れる訳でもない。今の自分でいいのかなぁ。ただ、多少のお洒落はしてみたい。誰か適切なアドバイス、よろしくお願いいたします。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-12 23:59 | 1965-1969(40~44才)


<< イチローと松井をたした選手!?...      肉体年齢、脅威の25歳。【織田裕二】 >>