鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 18日

ワインの血液で話題になったことも…【川島なお美】

c0119436_16342588.jpg

川島なお美、1960年11月10日生まれ。愛知県名古屋市守山区出身。身長158cm。血液型AB型。青山学院大学文学部第二部英米文学科卒。青山学院大学在学中に芸能界にデビュー。 文化放送がセイ!ヤングの後番組として、1981年10月からスタートさせたミスDJリクエストパレードの初代DJに抜擢される。これにより、深夜の顔となるが彼女の人気により裏番組であるTBSラジオのパックインミュージックが1982年7月限りで打ち切りに追いやられる。

1982年中京テレビ制作(日本テレビ系)『お笑いマンガ道場』のレギュラーとなり、プロ顔負けの漫画のうまさと、芸人顔負けのネタの巧みさを披露し、大ブレークするものの、本人は一時この出演歴に触れられるのを嫌がっていたと言う。キャンパス・クィーンのイメージがいつまでも抜けず、同世代の人間からは人気者だが出る番組は限られた感じで不遇な時代が長く、現在の様に広い世代で知名度が上がるまでにかなりの時間を要した。1997年『失楽園』(TV版)主演で、現在の地位を確立した。30代にしてヘアヌード写真集『WOMAN』で復活。裸体も辞さないセクシーな女優として知られるようになった。料理は非常に得意で、テレビ朝日系『愛のエプロン』では出演の度に高評価を得ている。ぼんちおさむとは親戚。2007年10月、人気パティシェ鎧塚俊彦と婚約。

恋多き我が儘な女性、と言ったイメージが強い彼女だが、漫画からワインまで多才で、結婚してからもきっと、それら技能が活かされるに違いない。「八方美人」と言うと、日本では節操が無いと歓迎されないが、彼女の言動には前向きさが感じられ、個人的には評価している。ただ、周りの反応を気にしない性格のようで、今で言うKYの走りかも知れない。何でも気遣いをすることが良い訳ではない。言うべきことは言い、迷惑のかかることは差し控える、そんな気遣いができれば十分だ。とりあえずご結婚おめでとうございます。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-11-18 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< オカマ界のファッションリーダー...      マルチタレントの草分け。【堺正章】 >>