鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 07日

真面目が服着て歩いてる彼にも春が…【えなりかずき】

c0119436_8135994.jpg

えなりかずき、1984年11月9日生まれ。東京都世田谷区出身。血液型O型。成城大学文芸学部文化史学科在学中。弟は同じく俳優の江成正元。幼少時より子役として活躍。橋田壽賀子や石井ふく子が中核となっている橋田ファミリーの一員である。かつては看板女優の山岡久乃が橋田ファミリーで最も人気があったが、山岡の死によって泉ピン子が看板女優になってからは、ピン子をおさえてえなりが橋田ファミリーの人気者となった。

近年ではいわゆる「最近の若者」らしくない、やや年寄りめいた容姿・言動・趣味など、特異なキャラクターが幅広い年齢層に受けている。チャーリー・ブラウンの様な童顔であり、子役時代と全く顔が変わっていない。 2001年、つんくプロデュースの『おいらに惚れちゃ怪我するぜ!』で歌手デビューし、NHKの『紅白歌合戦』にも出場した。芸能人では珍しく学校にはほぼ毎日通っており、授業では最前列に座り、真面目に講義を聴いているという。趣味は、ゴルフとアマチュア無線。フルート奏者yumiとの「熱愛」を日刊ゲンダイが2007年4月10日に報じられた。

真面目さがウリのタレントだ。最近では浮いた話も年相応に聞かれだした。真面目って何だろう?もちろん、不真面目よりは良いに決まっているが、反面つまらなさをも含んだ言葉だ。女性の多くは男性に恋愛感情を抱く際、不良的な部分に惹かれることがよくある。人間の心は異なもので、常に正しい方向に傾くわけではない。食べ物にしたってそうだ。体に良くないと思いつつも止められないものは沢山ある。最近では少しワルいオヤジももてはやされている。必要悪なる言葉もあるが、世の中良い物だけでは成り立たない。えなりくんから世の中の奥深さを垣間見た。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-11-07 23:59 | 1980-1984(25~29才)


<< 姉妹そろって美人。【小林麻央】      笑顔が素敵なママさん女優。【竹... >>