鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 29日

デビュー55周年、お疲れ様です。【ペギー葉山】

c0119436_1582612.jpg

ペギー葉山、1933年12月9日生まれ。東京都新宿区出身。青山学院大学卒業。1952年にキングレコードより歌手デビュー。2007年6月から社団法人日本歌手協会会長を務める。また、歌手以外の活動としてはフジテレビ系幼児教育番組ひらけ!ポンキッキで「しつけのコーナー」を担当していた。夫は俳優の根上淳(故人)で、夫が「帰ってきたウルトラマン」、ペギーが「ウルトラマンタロウ」と、夫婦それぞれウルトラマンシリーズの作品に出演している。今月26日、デビュー55周年記念コンサートを東京・青山劇場で開催。1200人の観客を前に、13年ぶりの新曲で作詞家の阿久悠さんの遺作「神様がくれた愛のみち」などを熱唱。

南国土佐を後にしては、1959年当時で100万枚を超える大ヒット。学生時代、大人と子供、ドミノ、ドレミのうた、ウンパッパ、ドミニク、ラ・ノビア、算数チャチャチャ等ジャンルは幅広い楽曲を歌いこなしてきた。両親は広島県出身。戦時中は広島に疎開する予定だったが、直前に父が広島は危険、と急遽集団疎開に切り替え、福島県のいわき市に疎開し被爆を免れた逸話を持つ。

55年歌い続けているペギーさん。職業にもよるが、スポーツ選手の現役生活は短い。サラリーマンなら40年前後。長ければ良いというものではないが、一定の評価に時間の長さは値する。人生の長さは人それぞれ。己の意思で続けられるものではないが、想いが強くなければ続くものではない。仕事も、人間関係も。私も来年で仕事現役30年。どこまでやれるか分からないが、健康をまず第一に良い仕事、良いお付き合いをさせて頂きたい。みなさま、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-10-29 02:01 | 1930-1934(75~79才)


<< 不死鳥のオネエキャラ。【美川憲一】      父親は元プロレスラー。【坂口憲二】 >>