鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 20日

流行語大賞、ありかも?【IKKO】

c0119436_19124184.jpg

IKKO(いっこー )、1962年1月20日生まれ。メイクアップアーティスト。本名:豊田一幸「かずゆき」福岡県田川郡出身。美容師を経て、1992年に「アトリエIKKO」を設立、主宰。女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台などで、最近では数多くのバラエティに出演したり、トークショー等で自らの体験談を披露することも多い。裏方(ヘアメイク)ではなく、自分が表舞台に出るときのメイクはもちろん自分で行うが、それだけでなく衣装のスタイリングも自身が手がけ、最近はほとんどグッチ(GUCCI)で揃えているという。

年に1回ディナーショーを開催しており、メイクのデモンストレーションとトークショーに加え、最近では歌も披露している。2006年7月、初エッセイ『超オンナ磨き~美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール』を出版。「コンプレックスこそオンナ磨きの原点」として、自分の体験から得た誰でもすぐできる実践的なノウハウを伝授。新・美のカリスマとして評判を呼び、テレビや雑誌でブレイクしている。口癖は「どんだけ〜」である。流行語となっており、若者の間でも使われることがある。

カマキャラの一人だが、本職でもかなりの実績を持つ。そういえば、まだこの分野は描いていなかった気がする。多くのこの系統の方々は、仕事のほうでも一流と呼ばれる方が少なくない。突き詰められるのだろうか?個人的にはこの趣味はない。しかしながら、学ぶべきところは多い。人目をはばかることなく、常に堂々としている姿は大したものだ。けっこうシャイな私には、まだまだ修行が足りない。でも、近づきたくはない。ハハハ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-10-20 19:14 | 1960-1964(45~49才)


<< フジテレビ、ニュースの顔。【安...      たぶん、天然系アイドルの走り?... >>