鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 23日

27才、歳の差カップルで話題!【小柳ルミ子】

c0119436_6582725.jpg

小柳 ルミ子、公称1952年7月2日生まれ。歌手、女優。福岡県福岡市出身。血液型はA型。1970年に宝塚音楽学校を首席で卒業、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団するも初舞台のみで退団。退団同年、渡辺プロダクションに所属し、NHK連続テレビ小説「虹」で女優としてデビュー。翌年1971年には作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなる。同曲は1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第一位を記録し、当時としてはアイドルのデビューシングルとしては最大のヒットとなる。またレコード大賞最優秀新人賞も受賞した。その後にリリースした「京のにわか雨」や「瀬戸の花嫁」も大ヒットし、天地真理、南沙織らとともに新三人娘と呼ばれ、1970年代前半を代表するアイドルとなった。

1989年(平成元年)に、13歳年下の無名のダンサーであった大澄賢也と電撃結婚。2000年に離婚となる。離婚する条件として、大澄に対して高額の慰謝料を要求したこと、そうでなければ、以前の無名のバックダンサーに戻ることのどちらかの二者選択を迫っていたことが明らかになり、話題となった。2007年(平成19年7月22日)、27歳年下の俳優・石橋正高(28)との婚約を発表。昨年12月12日に亡くなったルミ子の母親の喪が明けてから籍を入れるという。

恋多き女性の代名詞とも言うべき女性だ。ボディは鍛えられているが、顔の衰えは否めない。歳相応と言ったところか…芸能人は辛い。いつでも人から見られ続けなければならないから。そういう意味で一般人は気楽なもんである。すこしは、彼女の日ごろの努力を参考にするのも必要なことではないか?少しは恋もした方がいいかもね。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-07-23 23:59 | 1950-1954(55~59才)


<< 記憶に残る大関に!【琴光喜】      2007年上半期の1位を獲得。... >>