鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 22日

2007年上半期の1位を獲得。【秋川雅史】

c0119436_21123845.jpg

秋川 雅史、1967年10月11日生まれ。声楽家。テノール歌手。愛媛県西条市出身。血液型はA型。4歳よりヴァイオリン、ピアノを始める。西条市立西条南中学校3年生の時に父の指導のもと声楽家へ転向。愛媛県立小松高等学校を経て国立音楽大学卒業、同大学大学院修了。その後4年間、イタリアのパルマにて修行。帰国後、ベートーヴェン作曲の交響曲第9番のソロなど、数々のコンサートに出演。1998年にカンツォーネコンクール第1位、日本クラシック音楽コンクール声楽部門最高位をそれぞれ受賞した。

2006年12月31日の第57回NHK紅白歌合戦に「千の風になって」にて出場。紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付のオリコンシングルチャート第4位にランクイン。テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、1月22日付のオリコンチャートにて1位となる。ちなみに、代表作「千の風になって」は、著名な詩「Do not stand at my grave and weep」を、新井満が日本語に訳し同氏自らが作曲・歌唱したものがオリジナルで、秋川の歌唱はカバー曲にあたる。

ジュリーにも少し似ている。気のせいか左右の目のバランスがおかしく見えるが…(失礼)人間の体はよく楽器に喩えられる。素材はもとより、いい鍛え方をしてきたに違いない。頂いたもの、与えられたものに甘んじることなく、努力するところに未来があるのかなぁって、彼の生い立ちを調べていて感じた。似顔絵を描くことで様々な人生を学べるのはラッキー!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-07-22 21:31 | 1965-1969(40~44才)


<< 27才、歳の差カップルで話題!...      しょこたん~【中川翔子】 >>