鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 13日

一年中ハーフパンツ姿なのが特徴。【勝俣州和】


c0119436_819166.jpg
c0119436_8191438.jpg
この題字は三菱鉛筆ボールペン「ジェットストリーム」で直筆したものです。

勝俣州和、1965年3月12日生まれ。
バラエティ番組出演時の衣装が一年中ハーフパンツ姿なのが特徴であり、本人の弁によれば28歳のとき、東京ディズニーランドで見たパレードの端のほうで懸命に踊るピノキオを見て感銘を受け、「自分も芸能界の端でいいから周りを明るくしたい」と思ったのがきっかけだという。「少年の心を忘れないようにしているから」と本人は言ってるようだが、テンションの高さがウリのタレントだ。少々暑苦しい感もなくはないが、元気は周りを巻き込んで明るくしていく。悪いことではない。ましてやこのような不景気の下では意識的に大きな声、明るい振る舞いは大切だ。気持ちが滅入ってしまうことも多い昨今ではあるが、行き気味は高く持ち続けたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-03-13 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< 犬や猫、爬虫類など、動物に囲ま...      大学時代の4年間はダンスサーク... >>