鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 06日

高齢になっても純情可憐という言葉がぴったりな人物。【八千草薫】

c0119436_1151247.jpg
c0119436_1385628.jpg
この題字は三菱鉛筆ボールペン「ジェットストリーム」で直筆したものです。

八千草薫、1931年1月6日生まれ。
私生活では1957年映画監督谷口千吉氏と結婚、人気・好感度絶頂の彼女と、親子ほどの年の差がありが三度目の結婚となった谷口氏の組み合わせは当時多方面で話題・波紋を呼んだようだ。夫婦に子はなかったがおしどり夫婦として知られ、結婚50年目となった2007年に谷口氏と死別するまで連れ添った。松本零士氏曰く、作品に登場してきた数々の美女キャラクターは、彼女をモチーフに創作したと語っている。加齢と共に素敵に進化する人は魅力的だ。私の周りにも当てはまる方がいるが、生き方そのものが前向きだ。どこかのキャラクターにでも採用されるように頑張りたいですね(^v^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-02-06 23:59 | 1930-1934(75~79才)


<< 3分の歌も2時間の映画も感動の...      本を出さない、武道館で演らない... >>