鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 15日

矢倉銀のペンネームで編曲家としても活動。【来生たかお】

c0119436_18432342.jpg
来生たかお、1950年11月16日生まれ。
しばたはつみの『マイ・ラグジュアリー・ナイト』や、薬師丸ひろ子の『セーラー服と機関銃』が有名だが、彼の作るメロディーには哀愁が漂う。切ない音の変化、印象的なサビのフレーズは独自の個性が光る。私も素人の真似事ながら曲作りをするが、どれもこれも似たような曲調になってしまうことが多い。もちろんプロで食ってる人はそれなりの技術とテクニックも持ち合わせているのだろうが、体の中に持っているその人自身の脈々と流れる音の源流なるものがあるような気がしてならない。いや、あると思います(-_-;)勉強してもどうにもならないものが存在する。以前も書いたセンスや感覚。それを時代が受け入れてくれたとき、評価につながる。特に芸術家はそんな要素が強いが私も極僅かかもしれないが、そのような世界に身を置かせて頂いてることを光栄に思う。

そうそう、以前描かせて頂いた小沢一郎民主党党首の似顔絵おせんべいになりました。どこかで見かけたら口にしてください(^.^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-11-15 18:47 | 1950-1954(55~59才)


<< 2008年9月25日、男児を出...      オリコン上半期シングルチャート... >>