鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 30日

家政婦に殺害された次男がいた。【高嶋政宏】

c0119436_7595453.jpg
高嶋政宏、1965年10月29日生まれ。東京都出身。血液型 B型。父は俳優の高島忠夫、母は女優で宝塚歌劇団元星組男役トップスターの寿美花代、弟は俳優の高嶋政伸、女優のシルビア・グラブと2005年に結婚に至る。成城学園中学校高等学校を経て、成城大学法学部在学中の1987年、映画『トットチャンネル』でデビューし、キネマ旬報賞新人男優賞や毎日映画コンクールグランプリ新人賞を受賞。NHKの大河ドラマ『独眼竜政宗』や連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』などで人気を得る。大河ドラマ『利家とまつ』・テレビ東京系『山岳救助隊・紫門一鬼』シリーズ、舞台『レ・ミゼラブル』、『王様と私』、『エリザベート』などが代表作。近年、演技に重厚さと安定感が増してきた。

幼いころにキッスの影響を受けてから無類のロック好きである。CDも5000枚以上所持しているといわれ、キッスのアイテムを300点以上保持している。歌手としてCDを出していた時期があり、その際に自身のシングル『こわれるくらい抱きしめたい』のB面でキング・クリムゾンの楽曲『スターレス』をカヴァーしていたり、ロックバンドでベースを演奏していたこともある。また、007年5月26日には「ROCK FUJIYAMA」以外で初めて、「スターレス髙嶋」名義でJ-WAVEの「東京REMIX族」への出演も果たしている。2008年2月10日には、舞台『ベガーズ・オペラ』に出演のため滞在していた大阪市で、ポリスの大阪ドーム公演にも足を運んだ。

なんでも彼の場合初体験は中1の時らしい。早すぎるよ^_^;まだ子供ジャン。私の場合は高校卒業してから(-_-;)お付き合いしていた人はいたけれど、なかなか勇気とお金ががなかったなぁ。今にして思えば体験年齢の早い遅いはどうでもいい気もするが、その当時は大切な出来事だった。周りにも高嶋クンのような早熟な同級生がいたりして、コンプレックスを感じたのが今にして思えば懐かしくもあり甘酸っぱい記憶でもある。大切なものが過ぎてしまえばそうでもなかったり、重ねる年齢によって重みや優先順位は異なる。今、悩んでることも過ぎてしまえば些細なことなのかも知れない…。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-30 23:59 | 1965-1969(40~44才)


<< 裸足の歌姫。【鬼塚ちひろ】      11月26日30thシングル『... >>