鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 25日

デビュー当時のキャッチコピーは「不思議少女」。【千秋】

c0119436_18476100.jpg
千秋、本名:藤本千秋、1971年10月26日生まれ。千葉県市原市出身。身長151cm、体重38kg。血液型O型。星座はさそり座。父は藤本勝司・日本板硝子会長。二人姉妹の長女で2歳下の妹がいる。2002年にココリコの遠藤章造と結婚するが、2007年12月28日に離婚。一女の母。小柄で童顔の子供っぽい容姿のため実年齢よりかなり幼く見られることが多い。自分の顔については目が小さいことを気にしているが、特徴的な顔のため他人からよく色んなものに例えられる。 小さい目はよくシジミやアサリなど貝類に例えられる。美輪明宏からは前世はシジミと言われた事もある。

結婚する前は全く料理が出来なかったようで、NHKのある番組で「お茶を自分で入れたことがない」と発言。ただし、結婚後は料理をするようになり今では中々の腕前とのこと。睡眠時間が一般の人の平均に比べてかなり長く、平均睡眠時間は11時間程度とのこと。睡眠時間とは逆に入浴時間はかなり短いようで5分程度で済ませてしまう時もあるという。目標にしている芸能人は研ナオコである。理由は仕事と家庭を上手に両立しているからだそうだ。兵庫県・大阪府育ちで、阪神タイガースの熱烈なファン。歌唱力は非常に高く、CHIAKIとして歌手デビューもしていた。イラストを描くのが得意でリボンキャスケットのデザイン画も自ら描いている。 アニメ:ノンタンといっしょの声優も担当。

実に多彩な人だ。エピソードも含め、これだけの若さでこんなにキャリアのある人は珍しい。一旦取り組むと、トコトンやり抜かないと気がすまない性格のようだ。色にたとえるならパステルカラーのような淡い色ではなく、はっきりとした原色に近い感じがする。好きな色と性格の関連性なる書物もあるが、私の好きな色は黒と黄色だ。工事現場の色みたいだが、どちらも組み合わせることによってより目立つ性質を持った色だ。どちらかと言えば目立ちたがり屋なのかもしれない^_^;自分では謙虚な部分も持ち合わせている気はするが、周りの人は揃って否定する(苦笑)生まれ持っての性格だから今更どうすることもできないが、かなり個性的な生き方をさせていただけてる。時の経過は早いもので、街の景色は夏色から秋色へとだいぶ様変わりした。目に映る色を楽しむのも趣のあることだ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-25 18:49 | 1970-1974(35~39才)


<< かつて人生相談での迷回答、「ソ...      中国では「恋愛の毛沢東」と呼ば... >>